私の心荒岛囚終焉

私の心荒岛囚終焉

この人は母親には疎まれ

31日の日経平均株価は、欧米株高で値を上げて始まったが、様子見と円高傾向が重石となり、徐々に値を下げて、前日比120円29銭安の1万6758円67銭と3日続落して、後場の取引を終えた。東証1部の出来高は22億2549万株、売買代金は2兆3073億円だった。騰落銘柄数は値買賣股票.上がり421銘柄、値下がり1449銘柄、変わらず76銘柄だった。市場は、日銀の追加緩和期待がある一方、先行き景気への警戒感もあることから、気迷いによる停滞商状は、まだ続く可能性もあると警戒感を見せている。



31日の東京外国為替市場のドル円相場は、実需の買いに上昇した後にじりじりと水準を切り下げたが、終盤は欧州勢などによる買いが入り持ち直した。午後5時現在は1ドル=112円42~42銭と前日比35銭のドル高・円安だった。始まりは、112円40~50銭前後で取引された後は軟實德。仲値前後は実需筋の買いに押し上げられ、112円60銭台まで反発したが、買い一巡後は戻り売りに押された。正午前後に112円40銭近辺で推移した後、午後は日経平均株価の伸び悩みを受け、一時112円10銭台まで売られたが、終盤は欧州勢の買いが強まり、112円40銭台を回復した。明日に日銀短観と米雇用統計の発表を控えていることから、総じて下へ向かう雰囲気もなく、材料待ちで方向感なくもみ合ったようだ。



今日、値を下げたのはトヨタとコマツで、いずれも1%未満の下げ、逆にホンダ、IHIは3%台の上げ、三菱東京UFJ、パナソニックも1%後半の上げ、三菱重工は変わらずだった。相場が下首爾機票げた割には全般に成績が良いようだ。



織田信長さんという人物を一言で言えば、「日本史上、不世出の天才戦略家」だろう。戦略家としては何千年に一人、あるいはこの先誕生することがないかもしれないほどの天才だろう。信長さんを一言で言えば、「超合理主義者」だろう。若い頃は奇行が目立ち、「大うつけ」と呼ばれていたそうだが、一説には母親の関心を引くためとも言われるが、そんなことではなく、守旧的な権威、形式にとらわれた武家の習俗などに対する反発とともに、活動し易さ、自己完結性など野戦における合理性の追求だったのかもしれない。



髷は形にとらわれない茶筅髷、半そで、半袴、帯など使わずにどこでも簡単に手に入る荒縄、腰に水や火打石などの七つ道具をぶら下げて山野を駆け巡るというのは信長さん自身が考えた野戦のスタイルだったのだろう。この人は母親には疎まれ、兄弟には背かれ、家臣にはそっぽを向かれ、天才とは言っても一部の能力だけのことで神ではないのだから辛いものがあっただろう。



そこで自分でスカウトした親衛隊が兵農分離の戦闘専従部隊の原型となった。当時は戦になると農民を徴兵して部隊編成を行なっていたが、そのために戦は農閑期しか出来なかった。これを戦闘専従部隊を編成して常に作戦行動が可能なようにしたのが信長さんだった。



また、銃器や弓と言った長射程火力を重視し、積極的に戦に取り入れたのも信長さんだった。そうした長射程火力の導入は戦闘における合理性の追求だったのかもしれないが、もう一つは味方から犠牲者を出さないと言うこともあったのかもしれない。信長さんは尾張統一戦で親衛隊から犠牲者が出ると非常に悲しんだと言う。



戦闘で犠牲者を出さずに勝利すると言うのは戦闘における合理性の追求だが、信長さんの部下に対する思いやりもあったのかもしれない。銃器と言う長射程火力を効果的に使用して勝利した戦いの例に挙げられるのが「長篠の合戦」だが、最近は火縄銃の三段撃ちはなかったと言うのが定説になりつつある。



私は構内の誘導

小倉祇園最終日の昨夜仕事蔡加讚の状況は、結果から言うと日頃と全く正反対で夜遅くなるほど忙しくなりました。
通常、夕方の六時前後の小ピークを最後に、駐車場はガラガラになりますが、三連休の中日と小倉祇園最終日と言うことがあり、遅くなる時間帯ほど提携先のホテルの車で満杯に近い状態なりました。その状況ですが、夕方五時過ぎからホテルから電話がある度に祇園太鼓の為の通行止めの為、表通りまで車を迎えに行きます。が、これがなかなか来ない。ええ、道に迷ううんですね。



で、九時の通行止め解除まで、私は構内の誘導作業が出来ない状態のまま、表通りに立ちっぱなしの状態でした。その為、そこに入ってきた車の大きさと、出発時間を訊いて受付が終わったらどの場所に留めてくださいと、表通りでの指示をするはめになりました。実は、この事がレジ係の女蔡加讚性の勘違いを生んだのです。
時間を訊いて値段をお客さんに知らせるのは自分がするからいい」


私は留める場所を決める為に時間を訊いていたのですが、その事を知らせていなかったために勘違いしていたんですね。まあ、それは説明して一件落着だったのですが、九時過ぎからも大変でした。一般の泊り客が数台ありました。それで、レジ係の女性がその方たちにも発券をしなければならないのを、知らないのを、私が知らなかったんですね。なので、四台ほど発券をしていない車が生じてしまいました。



通常は、九時過ぎに入場してきた車は男性の誘導員が、金銭面の扱いは全てするのですが、この日は構内での誘導作業で手が回らなかったために、彼女がしてくれたんです。その為に生じたミスでした。
それにしても、この日の彼女(口先女)は、非常に協力的でした。泊り客の集金だけではなく、自分の仕事が終わった後に、私がしなければならないナンバーチェックも彼女がしてくれました。私の場合、九時過ぎて一人になるとホテルからの電話を待たなければならない関係上、十時を過ぎてか蔡加讚(Karson Choi)らしか事務所を離れられないので、勤務時間が終わってからのナンバーチェックになります。



多分、今日は十一時だな……」と、思っていたのですが、十時半には終れました。
いえ、実は二十分くらいには終わったのですが、ある店舗のお客さんが戸締りをして帰り際に訪れたんですね。なので、最後鍵を開けてその応対をしているうちにその時間になったと言うのが真相です。
結局、彼女も十時までの勤務になってしまいましたね。


自公が衆参で過半

孫「ふぅーん。ところでさ、ポピュリズムって何。トランプ候補のニュースで出てきたんだけど、フィリピンの何とかいう新大統領の選挙の時も、彼のがそうだとか何だとか」
爺「調べたのか、大学Dream beauty pro 好唔好の図書館かなんかで」


孫「あ、いいや。ちょっと気になっただけなんで。ポピュラーと親戚かなって程度の疑問だから」
爺「今どきの子だな(^^♪ もともと19世紀末ごろにアメリカで起こった運動なんだけどね、いま使われている意味内容でいくとね、中間層や低所得者層、つまり大衆の求める改革に合わせて政策を掲げ、選挙民の関心と支持を得ようとするやり方を指してるみたいだな。大衆迎合主義と訳されてる。ま、厳密な概念は自分で調べなさい、学生なんだから」


孫「いいじゃんそのやり方、何か不都合があるの? マスコミの論調だと困ったみたいなニュアンスあるんだけど」爺「これは爺ちゃんの私見にすぎないけど、大衆の求めに応じて、これを利用する側が使う證券公司手法が単純な二者択一になりがちなんだ。AとBの選択を迫るときにね、それぞれの案にいろいろなメリット・デメリットがあるはずで、それが問われるのに、AとB、さぁどっちだ⁈って単純化させるんだ。例えばだ、だいぶ前の選挙だけど小泉内閣が衆議院を解散して選挙民に迫った二者択一は何だったかおぼえてるかい」
孫「たしか郵政民営化、是か非か。ああ、たしかにこれ1本みたいだったね、記憶にあるある」
爺「そうだ郵政選挙と呼ばれているんだが。これをきっかけに自公が衆参で過半数を占めることになる」
孫「じゃEU離脱の国民投票も、イギリスの主権回復と難民・移民の拒否 、是か非かで二者択一」
爺「結果としてそうなるね、EUの意味も離脱がもたらすマイナス面もよく知らずに投票って人も多かったって言うんだから」



孫「効果覿面(てきめん)の二者択一なら、けっこう使えるね、爺ちゃん。とくに政治で」
爺「言わばタイトルや大見出しだけで、選択の結果の検討無しに是非を投票してしまう弊害があるわけだ、それを利用する政治手法も含めてポピュリズムの消極的側面だな。君は去年の、自公言うところ芭堤雅自由行の安全保障法案の野党側の大見出しを憶えているかい」
孫「そうか、うん。戦争法案」



孫「安全保障法案、是か非か。対して、戦争法案、是か非か。はぁー確かにねぇ」
爺「この弊害は国政選挙よりも国民投票で顕著になるんだ。或る法改正をしたとするよ。与党は、国を守る自衛隊、是か非か。一方の野党は、戦争参加、是か非か。まったくイメージが変わってしまうわけだ」
孫「いま思ったんだけど、言葉で操作できるとしたら、マスコミの報道姿勢でもだいぶ変わるよねぇ」
爺「いい視点だね、太平洋戦争における大本営発表とそれを報道し続けたマスコミ。国民はすっかりだまされた。いくら独裁者でも最初から独裁が出来たわけじゃないからね。何百万、何千万という国民が一定方向に走ってしまう何かがあったわけだね。多くの場合、それは国単位の経済的困窮じゃないかと私は思うけど」
孫「そういえばナチスドイツもそうだったね、それは習った。ヒトラーは最初から独裁権力があったわけじゃないって」