私の心荒岛囚終焉

私の心荒岛囚終焉

二種原付でもそれなりに

まあクロスカブに乗ったとは言ってもツーリングをしたわけではなくお買い物に使っただけだ。それでもあちこち回ったので20キロほど走った。やっと600キロを超えた。なかなか距離が伸びないがAlphamind好唔好、時間に限りがある中、どうせ乗るならCB1300と言うことになる。



クロスカブでも走る時は車線のど真ん中を走っている。二種原付でもそれなりに加速性能もあるのでその走り方が最も安全だと思う。ところがやはり四輪から見るとピンクナンバーが前を走っているのは鬱陶楊海成しいのか、無理に追い越していく車がある。今日も50キロほどで走っていたら後ろからミニバンが追い越していった。



CB1300だと一般道でからんでくる四輪はいない。高速では時々絡んでくる四輪がいるが、まあ、とんでもなく特殊な車以外、大型バイクの加速に勝てる四輪は存在しない。もっともからまれるたびに一々そんなことをしていると免許が吹っ飛んでしまうし、命も危ないので無理はしない。からんでくれば道は譲ってやることにしている。



クロスカブもその辺を走るには手ごろでお気楽なバイクだ。立ちごけなど全くあり得ない。ただ、低速での安定性はCB1300にはかなり劣るだろう。クロスカブを買ったバイク屋に寄ったら、「あまり乗っていないですね」と言われた。近所走りなのでそうそう距離が伸びるものか。それでも600楊海成ロと言えば神戸の先まで走ったことになる。そう考えれば大したものだが、CB1300だとロングツーリングに出かければ2日で1000キロも走ってしまう。



クロスカブも悪くはないが、あのバイクで1日何百キロも走ろうとは思わない。近所走りはクロスカブ、長距離はCB1300、これが適当な選択だと思う。大体、世界が違いすぎる。限られた時間の中でどっちに乗るかと言われたらそれはやはりCB1300だろう。


ナイアンティック

市緑政課によると、公園内には多くのポケモンが出現し、近づいてスマホを操作するとアイテムを入手できる「ポケストップ」に慰霊碑など約30カ所、ポケモンを戦わせる「ジム」に原爆の子の像や原爆ドーム西側付近など3カ所が設定されていHKUE 傳銷るという。



申し入れ文書で、慰霊碑周辺にゲーム目的の人が多数集まっている状況を確認したとし、「参拝者や観光客が近寄りがたい状況」と訴えている。申し入れたのは26日夜。平和記念式典がある8月6日までの対応を求めており、27日午前0時時点で回答はないという。



また市は27日午後、公港幣人民幣匯率園内約10カ所にスマホの使用に配慮するよう貼り紙を掲示して注意を呼びかける。



ナイアンティック社の日本支社の広報担当者は「広報としては申し入れを確認していないので回答できないが、不適切と判断すれば削除する」としている。



岸田文雄外相はラオスで開かれた一連の東南アジア諸国連合(ASEAN)関連外相会議で、南シナ海をめぐる仲裁裁判所判決を中国に受け入れさせるため、国際的な包囲網構築を試みた。



しかし、ASEANの足並みの乱れから、共同声明で仲裁判決への言及が見送られるなど中国への配慮が目立ち、岸田氏の狙いは不発となった。



「仲裁裁判は紛争当事国を法you beauty 投訴


的に拘束する。両当事国がこの判断に従うことで問題の平和的解決につながることを期待する」。岸田外相は26日の東アジアサミット外相会議で、王毅中国外相の眼前で、仲裁判決の受け入れを重ねて迫った。



外務省によると、12日の仲裁判決後、判決について「法的に拘束する」などと明確に順守を求めたのは、日米豪など少数の国にとどまる。このため日本政府は、関連外相会議の声明などに判決を明確に位置付けることで、中国に圧力をかけることを目指した。



だが、ASEANが25日の外相会議で合意した共同声明が仲裁判決に触れなかったことで、議論は中国に有利に展開。26日の東アジアサミット会議でも仲裁判決については「法的、外交的なプロセスの尊重」など間接的な言及が多かったという。



今後、判決無視を決め込む中国の主張が勢いづくことも予想される。外務省幹部は「無理が通れば道理が引っ込むとなってはならない。法的規範を外交力で示さなければならない」と焦りを募らせる。



発射後に海面に墜

今日もっとも元気がいいのは、IHIで3%台の後半を上げている。次は三菱UFJで1%台の後半、三菱重工、コマツは1%未養陰丸満だが堅調、逆に値を下げたのはトヨタ、ホンダ、パナソニックでいずれも1%未満だが、もう少し相場が動いてもいいように思うが、・・。
海軍が26日に東海(トンヘ、日本名・日本海)中部の海上で実施した海上実射撃訓練で、艦対艦誘導弾(海星1)が発射後に海面に墜落した。



海軍の関係者は「北の海上挑発に備えて、海軍と空軍の合同作戦能力を向上させ、戦術および武器体系運用能力を向上させるために実射撃訓練を実施した」とし「実戦配備を控えている2500トン級護衛艦『江原養陰丸』から発射した艦対艦誘導弾が飛行中に海面に墜落した」と明らかにした。発射は正常に行われたが、目標物に向かって飛行中に墜落したということだ。



続いて「海星(ヘソン )1誘導弾が実射撃で標的に命中しなかったのは今回が初めて」とし「墜落の原因は関連機関で分析する予定」と述べた。海軍はこの日まで海星1を10回発射したが、これまでの9回はすべて命中していた。



海軍第1艦隊司令部養陰丸
の主管で行われたこの日の訓練は、仮想の敵の水上艦を韓国軍の艦艇と航空機、陸上の合同戦力で攻撃する訓練。イージス駆逐艦をはじめ、海軍艦艇10余隻、P-3海上哨戒機・リンクス(lynx)海上作戦ヘリコプター、海軍陸上誘導弾基地隊、FA-50・F-5・KA-1など空軍戦闘機が参加した。P-3海上哨戒機と陸上誘導弾基地隊から発射した空対艦・地対艦誘導弾「ハープーン」は目標物に命中した。